電機・電子業界の温暖化対策

電機・電子業界 低炭素社会実行計画

製品・サービスによる貢献

社会全体の排出抑制に貢献

家電機器やオフィス機器などのエネルギー効率改善、LED照明などによる民生部門のCO2排出削減、ITソリューション(遠隔TVソリューション、物流システムの効率改善など)による社会システムの省エネ化など、低炭素・高効率な製品・サービスの普及により、社会全体の排出抑制に貢献します。

排出抑制貢献量の算定

代表的な製品・サービスについて、排出抑制貢献量を定量化する統一的且つ透明性のある算定方法(論)を策定し、毎年度、同方法(論)に基づく貢献量の実績を算定・公表しています。

排出抑制貢献の評価方法

省エネ投資および累積省エネ(CO2排出削減)量の実績

対象製品

現時点(2017.08)で、24製品・サービスの算定方法(論)を作成しています。
カテゴリー 製品 ベースライン
(比較対象)の考え方
発電 火力発電(石炭) 最新の既存平均性能
火力発電(ガス) 最新の既存平均性能
原子力発電 調整電源(火力平均)
地熱発電 調整電源(火力平均)
太陽光発電 調整電源(火力平均)
家電製品
  • テレビジョン受信機
  • 電気冷蔵庫(家庭用)
  • エアコンディショナー(家庭用)
  • 照明器具
トップランナー基準値
電球形LEDランプ 基準年度業界平均値
(トップランナー基準参照)
家庭用燃料電池
  • 調整電源(火力平均)
  • ガス給湯(都市ガス)
ヒートポンプ給湯機 ガス給湯(都市ガス)
産業用機器
  • 三相誘導電動機(モータ)
  • 変圧器
トップランナー基準値
IT製品
  • サーバ型電子計算機
  • 磁気ディスク装置
  • ルーティング機器
  • スイッチング機器
トップランナー基準値
  • クライアント型電子計算機
  • 複合機・プリンター
基準年度業界平均値
データセンター 基準年度業界平均値
ITソリューション
(Green by IT)
  • 遠隔会議
  • デジタルタコグラフ
ソリューション(サービス)導入前
家庭用燃料電池、ヒートポンプ給湯器は、家電製品のカテゴリーに含めて算定。
また、データセンターは、IT製品のカテゴリーに含めて算定。

PAGETOP